鬼女のナイショ!

鬼女向けの気になる生活まとめなどを更新しています!

    2015年09月

    127: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/13(土) 17:30:43.15
    自分はマンションの10階程の高さの部屋住まいだけど 
    ある日、子供の遊び声があまりにすごくて声のする外を眺めたら 
    近場マンションの緑が植えられミニ公園みたくしてある屋上で 
    子供たちが遊んでるのが目に入った 

    そこはよく子供が遊んでるし、単に今日は人数が多いなーと 
    思ったけどすぐ違和感に気づいた 
    柵の外の出っ張り部分に出て遊んでる子供が複数いた 
    しかも出っ張りの段差がある箇所に飛び降りたりしてる 

    小学生の中学年くらいに見えた子供たちが 
    普通に柵の外側を歩いたりジャンプして飛び降りたりしてるもんだから 
    目の錯覚で柵の内側なのか、でも柵は見えないし、、と思ったので 
    そのマンションの下まで行ってみたけどやはり柵はないし 
    子供が縁ギリギリで歩いてるのも見えるのでそのマンション入口に 
    貼ってある管理会社に電話して注意喚起をお願いした 

    注意喚起がなされたのか屋上でそうやって遊ぶ子供は見なくなったし 
    あの時も転落事故は起きなくて本当によかった 

    でもあのマンションの下で「やっぱり柵がない」とわかった時は 
    通報すべきか、住民に片っ端から声かけるべきか、けど住民でもなく 
    子持ちでもない独身喪女の自分が言っても信用されるのかとか 
    いらん心配までするくらい心中は修羅場だった 
    修羅場だった
    【マンションの屋上の柵を跳び越えて遊ぶ子ども達。危険すぎすり注意するべき?】の続きを読む

    872: 名無しさん@HOME 2009/02/20(金) 14:46:48 0
    ネタだと思って、私の呟きを聞いてやってください。 

    関係者には全員【元】がつきます。 

    私の親は、時代錯誤も良い所で、私に決まった婚約者を押し付けてきました。 
    って言っても、お嬢様ってわけではなく、普通のサラリーマンの家。 
    ただ、「この家と家族ぐるみで付き合ってて、将来男女が生まれたら結婚させるの!」って言う、 
    言葉だけの約束が、その内本気になったって感じでした。 
    私は、高校を卒業と同時に、大学も行かせてもらえず、結婚させられました。 

    当日まで、本当に抵抗はしました。 
    当時、ラブラブだった彼氏がいたので、逃げる準備をしてたら、ほぼ自宅で監禁状態。 
    彼氏は、何度も迎えに来てくれ、両親を説得しにきてくれましたが、門前払いでした。 
    キレて泣いて、ドアも壊す勢いで怒り狂ったのに、 
    「お前の幸せのためだ!いずれ感謝する!」 
    と、父に見張りをたてられました。 
    結婚式当日は、父が雇ったガードマンみたいなのがいっぱいいて、 
    私が逃げ出さないようにしていました。 
    本当に、狂ってるとしか言いようがありません。 
    【私に婚約者を押し付けてきた親。結婚当日まで抵抗したものの・・・】の続きを読む

    760: 名無しさん@おーぷん 2015/03/18(水)13:03:36 ID:Vsd
    高校の頃見た光景
    駅のホームに背のひくーい女の人が立ってた
    隣にランドセル背負った小学生がいたんだけど、変わらないくらい小さい
    ホームの一番前で電車を待ってたら、横からやたら揺れながらデベデベ言う相撲取りかというような体型の子どもが近づいてきた
    身長も女の人より大きいし、横幅は多分二倍はある
    その子どもがいきなり女の人に抱きついて、全身を預けるかのように力をぬいた
    女の人はよろけて危うくホームに落ちそうになって、周りの人があわてて女の人を引っ張って助けてた
    女の人は手を掴まれてるから、周りの人がその危険な子どもを引っ張ったりするんだけどビクともしない
    ただ周りの行動に怒ってか狂犬病の犬のようによだれ撒き散らしながら「ヴぅぅぅぅ!」みたいな擬音しがたい唸り声をあげて、時に奇声も発し
    駅員が慌ててやってきて3人係で女の人から引き離そうとするんだけど、離れない
    特別急行も止まる駅だから電車も多く、けっこうな電車がくるんだけど、ホームでトラブルがあるので電車がホームに入れずにホーム手前で急停車していた
    その後ろにも別の電車が待っていてカオス状態

    あまりのことに随分長く感じたけど、多分時間的に五分くらいかな、唸る子どもの保護者がやってきて発狂した
    「やめて!あんたたちやめて!この子は障害者!悪くない!悪くないの!」
    キンキン声で叫ぶとあろうことか駅員を持ってる缶コーヒーとジュースで殴りだした
    女の人はまとめた髪も振り乱し、地べたに引っ付いて女性を捉える子どもから逃れようと必死で、涙もひた溢れてた
    駅員は更に増え、苦しがる女性から子どもを引き剥がそうとする駅員、母親を抑える駅員、暴れてホームから落ちないように周りの人を誘導する駅員で大変な騒ぎになった

    俺は学校があったので動いている電車に乗ってその場を離れたが、電車内でもヒソヒソと噂をしている声が聞こえた
    近くで見ていなかった人たちは遠目にしか騒ぎが解らないので、暴漢が現れたことになってた
    電車の遅れから学校に遅刻したんだけど、なんで遅れたのかを話したらそれを聞いた女子から「自分も野次馬じゃん」「助けないとか最低」と言われた
    プロの駅員が来てたし、俺に何かできることがあったのだろうか

    障害者の親は大変だろうとも思うけれど、あんな巨漢の力加減も知らない子どもに襲われたら、俺でさえ太刀打ちできないと思う
    知的障害者もともに生きられる社会をという人権団体的なものに大学で触れることも多いが、あの女性がもしホームに転落していたら
    打ちどころが悪かったら
    タイミング悪く電車が来ている時だったら
    体に異常がなかったとしても、心に大きな傷を残したことは変わらない
    無責任に共存をすすめる人たちはどんな責任を負ってくれるのだろうか
    【駅のホームで障碍者が女性に襲いかかる→障碍者親「この子は障害者!悪くない!】の続きを読む

    945: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/03/04(木) 14:24:32
    愚痴らせてくれ。3人子供がいて一番上の男の子が今度小学生になる。 
    俺に似ず顔もよく体格もよくいろんなことができるし素直ないい子なんだが、 
    アホだ。とにかくアホだ。「つい」いらんことをして怒られる、怒られてもまた 
    直後にやってしまう、怒られてもうまく説明ができず、いじけて泣くって感じ。 
    ADHD気味ではあると思う。が、何度か複数の保育士にも相談して「これくらいは 
    癇の強い子の範疇」といわれている。 
    【ADHD気味っぽい長男の育児に耐えきれなくなった嫁。ついに・・・】の続きを読む

    820: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)23:39:06 ID:rRK
    父親に「お前の部屋に監視カメラを付ける」って言われたこと。
    14歳から10年以上にわたり、思い出す度に言われる。
    本人は当然の行為(娘が可愛いから云々)だと思っているらしく、それに対して「気持ち悪い」等と言えば
    「お前は冗談も分からない女だ!」と不機嫌になる。殴られそうになったこともある。
    ほぼ同時期に胸の大きさや下着の柄、生理についてなにかと毎日聞かれ続けたこともあり
    もしかしたら父親は自分の身体を…?いやまさか…とかなり真剣に悩まされた。
    自室には鍵も無かったので毎晩夜が怖かった。

    今になっても理解できないし、理解出来た所でどうも出来ないからどうにかしようというつもりもない。
    本人はあくまで娘可愛さに言っている「つもり」だから諭しようもない。

    そしてもう一つ衝撃的だったことと言えば
    父親に対して性的な嫌悪感を持つ自分は被害妄想が激しいと思い込んだ結果、
    18歳くらいで友人に話しをするまでそれがおかしいことだと気付かなかった、ということ。
    2人にふっと話してドン引きされ、漸く理解出来た。

    さすがにこの話は彼氏にはしていない。出来ない。あまりに酷すぎてとてもじゃないけど話せない。
    なんでも話して欲しい、と言われてるけど、墓場まで持っていかなきゃと思っている…。
    【父親に「お前の部屋に監視カメラを付ける」って言われた。】の続きを読む

    438: 名無しさん@HOME 2013/09/25(水) 21:40:19.21 0
    長くなりますが、自分の中でもまだ整理のつかない修羅場。 

    一年前に付き合い始めた夫と結婚することになり、夫の実家に挨拶に行った。 
    彼実家は資産家。夫自身も医師という優良物件で、義両親も感じのいい人だった。これで勝ち組!と思い浮かれていた。 
    ただ少々複雑な家庭で、夫には血の繋がっていない弟がいた。その弟というのが極度のブラコンで、女として負けたと感じるくらいの美少年。 
    義弟はまだ大学生ということで、普段は大学に近い彼のマンションに同居していた。彼はウザがる様子もなく、義弟をものすごく可愛がっていた。 
    二人共いい年なので少し不気味だとは思っていたが、別にいやがらせをされたわけでもないし、何回か義弟に会うことで打ち解けて、談笑するくらいにはなった。なによりそのくらいで結婚をダメにしたくはなかったので我慢した。 
    【夫には血の繋がっていない弟がいた。その弟というのが極度のブラコンで・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ